サイトメニュー

納付要件は重要

悩む男性 うつ病により障害年金の受給を検討する場合、納付要件を満たしているかは重要になります。一方で、初診日時点で納付要件を満たしていなくても、うつ病のように再発を繰り返す病気の場合、社会的治癒のよる請求で認められる場合もあります。

詳しく見る

精神病への支援制度

頭を抱える女性 不安定な精神状態になって働くのが難しくなるうつ病は、障害年金を利用すれば収入を得られるので対応しやすいです。メリットの多い障害年金ですが、制度を利用すると生活が大きく変わるので十分に考えなければいけません。

詳しく見る

利用しやすい支援制度

診察 何らかの事情でうつ病になった時は障害年金を使うのも可能で、公的な年金制度の支払いをしていれば利用できます。障害年金は病気の症状によって得られる金額が変わりやすく、大きな差があるので適切な手続きをしなければいけません。

詳しく見る

受給について知っておく

悩む成人女性

気をつけることや受給できない場合の特徴

長らくうつ病になっている場合には、会社に行けなくなることもあります。この場合は、障害年金を受給することができれば何とか生活することは可能になるでしょう。この時気をつけておきたいことは、どこまでさかのぼることができるかです。うつ病になったばかりのころは、そもそも障害年金の存在を知っていたとしても、うつ病でお金がもらえるかということまでは知らない人が多いです。もし、後になって知った場合今までうつ病だった期間の障害年金をもらうことができるかが問題になります。よくある例としては、病気が発覚して病院に通っていたけども、通院当初は障害年金が出るとは知らなかったパターンです。しばらくしてから、お金がもらえることを知ることもあるでしょう。このような場合、お金をもらうための条件として診断書が必要になりますので、かかりつけの医師に診断書を書いてもらう必要があります。ただ、診断書をもらう前の段階もうつ病だったわけですのでその分も請求できるかが問題になります。これに関しては、5年間までさかのぼることができるとされており、早い段階で請求した方がよい点は気を付けるべき点でしょう。ちなみにこの5年間とは、消滅時効を意味しています。年金は民法で言うところの債権になりますので発生してから5年以上経過してしまうと消滅することになります。もし、5年以上経過してしまった部分に関しては請求できませんが、5年経過していない部分に関しては請求できると考えてよいです。いずれにしても、早い段階で請求した方がよいでしょう。
うつ病になったにもかかわらず、障害年金がもらえないパターンもあります。診断書再提出すればもらえるとの勘違いしている人もいますが、実際には何らかの理由があることにより審査に通らないことがあることを理解しておく必要があります。まずもらえない場面の一つは、国民年金の保険料を払っていない場合です。最近は減少してきましたが、かつては義務化されていませんでしたので国に対してお金を払っていない人が多くいました。そのような人は、確実にもらうことができません。そもそもそれで年金をもらってしまったとすればあまりにも都合がよい話になってしまいます。ただ、過去にどこまでさかのぼるかが問題になるでしょう。例えば、10年前には支払っていなかったけども、その後9年間は支払い続けていた場合ももらうことができないとすればなんともつらい話です。結論から言えば、直近の1年間に未納がない場合には保険料の納付要件を満たすため受給できると考えてよいです。このように、期間限定で考えられていますので過去に一時的に支払わなかったからといってあきらめる必要はありません。次に、会社を休んでいる間に副業してたっぷりとお金をもうけている場合です。本来ならば、うつ病になってしまい会社を休んでいるとお金をもらうことができないため生活ができなくなってしまいますのでその分のお金を年金として支払う仕組みになります。ですが、いくら務めている会社からお金をもらっていないといえども副業などをしてたっぷりとお金を稼いでいる場合は生活費に困っているとは言えませんので年金の支払いはありません。少なくとも、会社で働いている時の給料に匹敵するぐらい稼いでいる場合はまずもらえません。